受入人数枠

 人数枠というのは、実習実施者(企業)が1年間で技能実習1号を受け入れられる人数の上限です。

技能実習生1号の受入人数は、実習実施者(企業)を超えることはできません。

なお、常勤職員とは、常勤役員と雇用保険に加入している職員の合計人数となります。

 

 たとえば、常勤職員数30人以下の企業様が幣組合を通して実習生を受け入れていただいた場合、1年間で最大3人の実習生を受け入れることができます。

実習実施者の常勤職員総数

(在籍技能実習生を含まない)

基本人数枠

(技能実習生1号の受け入れ人数)

優良企業

(優良基準適合者)

 301人以上 常勤職員総数の1/20 基本人数枠 の2倍
201から300人以下 15人
101から200人以下 10人
51から100人以下 6人
41から50人以下 5人
31から40人以下 4人
30人以下 3人

技能実習生の受け入れモデル

 この枠を最大限活用した場合、下記のように3年間で9人までの受け入れが可能となります。

つまり、受け入れを開始して3年後には常に9人の技能実習生が御社で活躍していることになります。

※ 上記のように毎年技能実習生を受け入れていくと、3年目は9名の受入が可能です。

※ 技能実習期間1年の場合には、毎年「受入人数枠内」となります。

※ 技能実習生3号の受け入れるためには、優良基準に適合することが必要です。

※ お気軽にお問い合わせください。